ニュース(詳細)

不動産鑑定評価基準が全面改正されます(セミナー等のご用命はお気軽に)

2013.12/19

不動産鑑定評価基準の全面改正についてのお知らせ

 

1.不動産鑑定評価基準が12年振りに全面改正

   不動産鑑定士が評価を行う際の統一的な基準である「不動産鑑定評価基準(国土交通省事務次官通知)」が12年振りに全面改正されます。

 

2.多様なニーズへの柔軟な対応が可能に

   お客様にとって画期的なことといたしましては、「スコープ・オブ・ワークの概念(合理的な条件のもとで依頼者と合意し、評価の条件、調査範囲、評価手法の選択等を案件毎に決定する仕組み)」が導入されることです。これに伴い、多様な評価ニーズへの柔軟な対応が可能となります。

 

3.建物等の個別の評価についても大きな見直し

   事業用不動産(ホテル、ヘルスケア等)、中古住宅、建物、借地権、賃料等につきましても、その評価方法等が大きく見直しされる外、IVS(国際評価基準)との整合性を向上させる等国際化への対応も図られています。

 

4.平成263月公表、同年10月施行

   この新しい評価基準は、平成26年3月公表、同年10月施行。具体的な改正内容は、弊社ホームページでも逐次とりあげていく予定としております。

 

5.セミナー、勉強会等のご用命はお気軽に

   折角の機会ですので、広く普及活動に努めたいとも存じております。セミナー、社内勉強会、交流会等、名称、形式、規模の大小にかかわりませず、お声がけを頂戴できましたら馳せ参じます。また、例えば「税務上の評価と鑑定評価」、「FPが押さえておきたい評価」、「再生・倒産に伴う評価」等、ご興味のあるテーマでご用命いただいても結構です。お気軽にお問い合わせください。

以上

 

〒730-0013  広島市中区八丁堀7番2号

株式会社 小川不動産鑑定

代表取締役 小川 和夫

TEL:(082)222-2253  FAX:(082)222-2254

MAIL:ogakan@msa.biglobe.ne.jp